TEL 082-270-0333 FAX 082-270-0331

住宅改修

  • TOP
  • 住宅改修
住宅改修

家の中で多くの時間を過ごすことが増えてくる高齢者にとって、安全なはずの家の中に、事故の原因になるものが存在します。例えば、高齢者が段差でつまずき転倒し、もしも骨折した場合、回復は長引き、大きな身体的制限を受けます。そして、寝たりきりや認知症(痴呆)などの様々な二次的障害を招く引き金になり、介護する家族の身体的・精神的な負担が増してきます。

このような不安・負担を軽減するためにもあらかじめ危険な箇所を改修し、未然に事故を防ぐことが重要です。また、住環境が日常生活に合っていないことが、高齢者・障害者の方のADLを制限してしまっていることも事実です。

例えば、高齢者が1階から2階へ、ベッドからトイレへなど、ご自身が動きやすいように整備することで格段に行動範囲が増えます。多くの家は、介護しやすい作りとは言えず、介護される方はもちろん、介護する家族にまで身体的な負担がかかってしまいます。住環境の整備により、ご自身でもできることが増えれば、本人はもちろん介護する家族にも安全かつ安心の環境となることでしょう。

深川医療器は長年のお身体に不具合のある方との関わりの中で数多くの住宅改修を行ってまいりました。そして、現在は福祉住環境コーディネーター・福祉用具専門相談員など専門の資格を持ったスタッフが各営業所に常駐しております。手摺一本の取付けからスロープ・階段昇降機などの大掛かりな改修まで高齢者・障害者向け住宅改修についてお気軽にご相談ください。

改修事例

改修事例①トイレ

トイレ
改修前
トイレ
改修後

夫婦ともに障害をお持ちで、旦那さまは脳性まひ、奥様は変形関節リウマチを患っていました。二人のトイレ・浴室を共用できるようにと改修依頼を頂きました。が、異なる傷害をお持ちの二人が共用できるようにするのは難航しました。そして、結果的に旦那様には床が昇降し和式として便器に長座できるようにし、奥様が使用する時は床面を降ろして洋式としてお使い頂ける様に改修。(奥に見える赤・黒のスイッチが昇降スイッチです。)

改修事例②浴室

浴室
改修前
浴室
改修後

トイレを改修したお二人の浴室です。変形性関節リウマチを患う奥様は、段差を越えることが困難なため、浴槽への出入りは難しい状況。また、ご主人は脳性まひで床を這って移動されますので浴槽をまたぐことはできません。そのような状況でお二人が安全に安心して入浴できるよう改修のご依頼いただきました。 ご主人は床を這って歩かれます。そこで浴槽脇に浴槽用段差解消器を改造し浴室へ設置。まずは浴槽上面まで昇ります。(写真中央下の黒い機械)次にそこから「座ったまま」浴槽に入れるようにバスリフト(写真奥の浴槽内のピンク色の機械)を設置。さらに手すりを使いながら浴槽を出入りできるようにしました。

改修事例③玄関

玄関
改修前
玄関
改修後

車椅子で生活される方のために玄関を増設。車椅子の方が楽に登れるようにするため家の裏手に勝手口を設置しました。